金スマ、11/27は、認知症第2弾でしたね。第1弾は、10月23日に放送されたドラえもんの声優さんである大山のぶ代さんのことでした。今日は、旦那様が57歳の時認知症と診断されたある夫婦の8年のドキュメントでしたね。しかも結婚3年後のことだったのだそうです。

金スマ・認知症第1弾

大山のぶ代さん1

今年82歳の大山のぶ代さん。旦那様の砂川啓介さんが書かれた介護日記に全て書いてあるので、ご紹介させていただきます。

娘になった妻、のぶ代へ [ 砂川啓介 ]

価格:1,404円
(2015/11/27 16:58時点)
感想(4件)

大山のぶ代さん2

金スマ10/23、アルツハイマー型認知症、大山のぶ代さん(ドラえもんの声優) はこちらです。

夫が57歳の時認知症と診断されたある夫婦の8年のドキュメント

認知症01

近年増えてきている若年性認知症は進行が一段と早いのだそうですね。その若年性認知症がどういうものか、知ってほしくて、取材に応じられたという大分県の足立夫妻。旦那様の若年性認知症発症から9年。いよいよ奥様のことも歩くことも分からなくなってきていらして、大変な毎日を過ごされてるようでした。

認知症02

認知症05

最初はうつ病と診断されたんですね。正しい病名である「若年性認知症」と診断されたのはそれから1年後。これも奥様がおかしいと思って病院を変えなかったらもっと認知症が進んでからわかることになるのでしょう。そう思うと怖いです。

まだまだバリバリ働いていたのが、ある日突然、何がなんだかわからなくなる、電話を切ったばかりなのに、内容や内容や相手が誰だったのか覚えていない。そんな状態で、ご本人もそれまでに感じたことのないパニックに陥り、自分が自分でない感覚、自信がすべてに持てなくなって落ち込まれたということでした。

認知症04

認知症を発症されてからも仕事を探し、もう一度働かれたりと、ご夫婦で認知症と闘ってこられた足立さん夫妻。 その努力もむなしく認知症は進行し、何もわからなくなってしまわれたわけですが、それでも、その努力があったからこそ、若年性にしては進行が遅い方なのだそうです。

「一緒にいられればいいですね」
最後におっしゃっていた奥様。頭が下がる思いです。

認知症06

「介護する方もされる方も、あまり頑張りすぎない方がいいと思いますね。」
最後に語ってくださった大山のぶ代さんの旦那様の言葉が心に響きました。本当に他人事ではないんですよね。いつも認知症の放送を見るといろいろ考えさせられます。

※動画をみつけましたのでご紹介させていただきます。

※関連金スマ記事※

認知症第1弾はこちら↓↓↓
金スマ10/23、アルツハイマー型認知症、大山のぶ代さん(ドラえもんの声優)

※他の金スマの記事(別サイト)※

金スマ骨ストレッチ。ウエストくびれ鎖骨ひねり体操

金スマ、骨ストレッチで肩こり解消・腰痛改善/9/11

9/11金スマ骨ストレッチスクワット腰痛解消編

9/4金スマ便秘解消の腸体操、腸内フローラを整える腸活特集

金スマ他、ウエスト引締め体操、ダイエットまとめてご紹介

※認知症関連記事(当サイト内)

たけしの健康 みんなの家庭の医学・新型認知症 9/1

認知症、主治医が見つかる診療所9/28,回想法で脳の活性化

認知症、主治医が見つかる診療所9/28,認知症と戦う神奈川県のご夫婦

認知症、主治医が見つかる診療所9/28,手術で劇的に治る

駆け込みドクター11/8。脳を若く保つ薬指体操、アルツハイマー予防とサイン